れれこの隠れ家

不惑になっても惑いっぱなし!ダメダメ沖釣り師の釣り日記(外房・南房・内房・九十九里etc)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五目釣りといっても、ほとんどサバカラーですが
船長のおかげもあって、色んな魚を食すことができやした(・∀・)ノ
(写真を撮るのをまるっと忘れてました)
ありきたりな料理ばっかりなので、あえてレシピは書きません。
知りたいという奇特な方は、コメントより質問をお願いします<(_ _)>


アジ(刺身)

血合いが多かったので、多分ムロアジかと・・・
写真を撮っておくべきだったと後悔。

娘はコレが一番美味しいと言ってました。
母ちゃん、それ釣ってねえよー。



マゴチ(刺身)

コイツのヒレは硬くて痛かった(>_<)
姿が特殊ですが、メゴチのでかいのだと思えば特に難しくはなかったです。
人相が激しく悪い。



ハタ(刺身・味噌汁)

鍋かな?とも思いましたが、せっかくだから珍しいもんにしようと刺身に。
プニプニした身でしたね。
皮を湯引きにしようと思っていたのに捨ててしまった・・・!

頭とアラは一度焼いてから味噌汁にしました。



ハナダイ(刺身・鯛めし)

大きいのを刺身にしました
相方の感想は「鯛だね」でした
そうですか。鯛ですか。

鯛めしは、チビハナダイで作ります。
アラを焼いたのと昆布でとったダシで炊こうかと。
身は焼くだけにして、あとから混ぜます。



イトヨリ(昆布締め・酒蒸し)

3匹のうち、1匹は昆布締めに。
皮の色が素晴しくキレイなので(黄色が好きです)皮付きのままで。
切ったかんじ、やわらかそうなので大丈夫でしょう ←無責任

残りは姿のまま酒蒸し。
なにやらお上品に仕上がりました。
蒸しあがりに白髪ネギをのっけて、熱々のごま油をジューッとかけてポン酢でいっときます。



サバ's(しめさば・塩焼・一夜干し)

サバはゴマサバがほとんどでした。

大きいのを4匹ばかりシメサバに。
味を知らないので、合わせ酢は適当です。でも美味しくできたようです。
良い米酢とダシ昆布を常備しておいてよかった。。。
ゴマサバは、薄皮をはぐ時気をつけないと破けやすいですね。

一番大きいのを塩焼に。

残りは全て一夜干しです。
天気がイマイチだったので、冷蔵庫干しで。ピチットが大活躍。



季節柄、どの魚も脂が乗ってました。
先日買ったお高い出刃が大活躍(・∀・)ノ
エイコラサっで2枚おろしができやす。(3枚にするにはもう一工程必要です)



拍手&コメントありがとうございます(・∀・)ノ
寒くなると魚は釣れづらくなりますが、そのかわり美味率はUPしますよね~



関連記事
タグ : 釣魚料理
テーマ : 釣った魚を「さばく」「料理する」「食べる」
コメント
コメントを書いてみる
ホームページ:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rerekonokakurega.blog89.fc2.com/tb.php/120-441e8f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。