れれこの隠れ家

不惑になっても惑いっぱなし!ダメダメ沖釣り師の釣り日記(外房・南房・内房・九十九里etc)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日(もう昨日か)は仕事を早あがりできたので、実家へ正月の餅をもらいに行ってきました
お歳暮兼、お年賀を持って(笑)

数年前までは餅は祖母がついていて、その年によって柔らかすぎたり、つぶつぶが残っていたり
不純物(わらくずみたいなの)が混じっていたりとバリエーションに富んだものでしたが
父母がつくようになってからは、白くてなめらかで固さもちょうどいいものをいただけるようになりました

嬉しいような、寂しいような(笑)

さて、正月の餅といえば「雑煮」ですが、
わが実家の雑煮はとてもシンプルです。具は長ネギと油揚げのみ。
そこにあぶった「はばのり」をくだいたものと削り節を混ぜたのをかけていただきます。

この「はばのり
いままで色々な人に聞いたのですが、知っている人がいません。
聞いた話では、産地の方も食べないとか。本当でしょうか?

ちなみに値段は一締め(10枚?)2000円ちかくと、わりと高価です。
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。