れれこの隠れ家

不惑になっても惑いっぱなし!ダメダメ沖釣り師の釣り日記(外房・南房・内房・九十九里etc)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人様の料理を真似して食べよう企画その5

【 カワハギの肝グラタン 】


 一部では、もはやカワハギ料理の定番となりつつある
 まるかつさんの『肝グラタン』です。
 猫舌な相方のリクエストにより、わが家もマネさせていただきました。

 クリームグラタンというと、お子様に人気のあったかメニューですが
 ここにカワハギの肝が入ることで、大人も満足の濃厚な味に!
 
 肝好きさんには、ぜひとも食していただきたい
 この時期限定の一品です。


 参考にさせていただいたレシピはこちら(・∀・)ノ
 →【旨魚料理】カワハギの肝グラタン(まるかつ水産)

 まるかつさま
 美味しいレシピをありがとうございました。




『続き』にホワイトソースごと作るレシピを掲載しました。
牛乳を水+スキムミルクに変えると、カロリーと脂質をセーブできます。
興味のあるかたはどうぞ(・∀・)ノ


--材料(3~4人分)--

 カワハギ・・・ 17センチ前後×4匹
 マカロニ・・・ 25g(今回はペンネを使用)
 玉ねぎ・・・ 大1/2個
 舞茸・・・ 1株


 バター・・・ 大さじ3
 薄力粉・・・ 大さじ3
 牛乳・・・ 600cc(水+スキムミルクでも可)
 塩・胡椒・・・ 少々
他、トッピング用チーズ・パン粉・粉パセリ



--作り方--


マカロニは固めにゆで、くっつかないようにサラダ油少々(分量外)をからめておく
玉ねぎはくし切り、舞茸は小房にわけておく
カワハギは肝を取り出したあと5枚におろし、さらに2分割して、塩と胡椒を振っておく
肝を小さめのボウルや小鉢に入れ、泡だて器でたたいておく

   


厚手の鍋を熱し、カワハギの身をバター(大さじ1)で軽く炒めたあと皿に取り出しておく
同じ鍋に残りのバターを入れて玉ねぎを炒め、透きとおってきたら舞茸も加えて炒める
舞茸がしんなりしてきたら薄力粉を振り入れ、焦がさないように弱めの火で炒める

  


薄力粉がなじんだら一旦火を止めて、冷たい牛乳を加えてざっと混ぜる
コンロを点火し、トロミがつくまで弱火でかき混ぜる(その間、手は止めないように)

 


トロっとしてきたら、ゆでておいたマカロニを加えて混ぜ、
叩いておいた肝も入れてよく混ぜる
全体がしっかりとなじんだら、取り置いた身を入れてざっと混ぜ合わせる

 


サラダ油(分量外)を薄く塗った耐熱皿に盛り、
たっぷりのチーズと少量のパン粉を乗せて焼く
 <焼き時間の参考>
  ・250度に余熱したオーブンなら10分
  ・余熱した両面焼きグリルで、中火5分




できあがり(゚∀゚)



☆レシピの印刷はこちらから→ Cpicon カワハギの肝グラタン



▼ランキング参加中です(・∀・)ノ▼
   クリックお願いします<(_ _)>
みんなで肝グラタンの輪を広げましょー(゚∀゚)



上記以外の料理記事はこちらからどうぞ(・∀・)ノ



関連記事
タグ : 釣魚料理 カワハギ
テーマ : 釣った魚を「さばく」「料理する」「食べる」
コメント
やりましたねぇ~
同じ船に乗り合わせた釣り〇かさんタチが
おんなじメニュ~つぅのも珍しいですが
うまかったっすねぇ~(^^)
この時ばかりは 家族皆 カロリーそっちのけでした^^;
たまには横浜~の釣りにもおいで下さい!
色んな意味でご案内しますよぉ~ん♪
マルッチPP | 2010/11/19(金) 12:22 | mail | #-[ 編集]
これなら食べられたかな?
さすがれれこさん、ホワイトソースから手作りできれいな仕上がりです。
生はダメでもこれならOKだったかな?おぶちゃんは大丈夫でしたか?私は2~3日口の中がヒリヒリしてましたよ...。
まるかつ | 2010/11/19(金) 12:23 | mail | #-[ 編集]
>マルッチPPさま
コメントありがとうございます(・∀・)ノ
みんなで同じものを作るということで、
美味しさの裏付けができたのではないでしょうか(笑)
肝あえ・肝ポン酢以外の、新たな肝料理の定番になって欲しいところです(゚∀゚)

アクアラインを渡らないと釣れない釣り物も沢山あるんですよね。
先日皆さんで仕立てられたアカカマスとか、あとワラサなんかも。
(こちらでは数が少ないようなので)
いつか遠征できればいいなぁと思います。
その際は、どうぞよろしくお願いします。
れれこ | 2010/11/19(金) 13:45 | mail | #-[ 編集]
>まるかつさま
コメントありがとうございます(・∀・)ノ
グラタン自体がわが家の定番メニューなので、ホワイトソース作りは苦にならないのです(笑)
今回は、一応自分の分だけ肝を抜いて作ってみて、相方のを味見させてもらいました。
肝の量を控えめにすれば大丈夫そうです。
せっかく頑張って釣ったんですから、少しでも食べられるようになりたいですし(笑)

うちの猫舌おぶやんですが、
がっついてヤケドするのは目に見えていたので
あらかじめ小皿を用意して、冷ましながら食べてもらいました(笑)
最初の一口で味がわからなくなってしまっては、もったいないですからね~
れれこ | 2010/11/19(金) 13:54 | mail | #-[ 編集]
コメントを書いてみる
ホームページ:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rerekonokakurega.blog89.fc2.com/tb.php/275-3a84f799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。