れれこの隠れ家

不惑になっても惑いっぱなし!ダメダメ沖釣り師の釣り日記(外房・南房・内房・九十九里etc)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アオリイカの寿司
軍艦巻きはエンペラのわさび醤油あえ。

おぶやんはコレを30貫くらい食べました。
彼はいつかイカになるのです。きっと。


先のアオリ釣りでライフジャケット(腰巻型)をロストしました。
玉網ですくえたので、正確にはロストじゃないんですけど
浮き袋が膨らんでしまったので、ライジャケとしてはロストでしょうね。

堤防でもテトラでも船でも
「落ちたら怖い」と思うところに立つときにはライジャケを装着します。
常に最悪を想定するネガティブ脳なので。
で、エギケースも落としにくかろうという理由で
ウエストバック型のをライジャケと上下に重ねる形で腰に巻いています。

途中で休憩を入れようとエギケースを外したつもりが
誤ってライジャケのジョイントを外していたらしく、
今回の悲劇とあいなりました。
そっくりなんだもんよ。感触も大きさもー。

私の腰からスルリと滑り落ちた彼は
しばらくはテトラに見え隠れしながらフカフカと浮いていたのですが
玉網ですくった瞬間

ボン

という音とともに黄色い浮き袋へと姿を変えました。

水に落ちたからって、すぐには膨らまないのね。
いい勉強になりました。
しなくても良い勉強ですけど。

彼は今、釣具屋に入院中です。
膨らんだ理由を話したら大笑いされました。
恥ずかしかったなぁ。。。
いっそ自分も海に飛び込んで、
一命を取り留めたふりでもすれば良かったか。

関連記事

コメント
イカ寿司旨ほぉ~(^_^)/
おぶちゃん 幸せっすねぇ~!!
ライジャケは 自ら危ないよっ!
って 教えてくれたんでしょうね^^;
マルッチPP | 2011/07/26(火) 18:51 | mail | #-[ 編集]
>マルッチPPさま
コメントありがとうございます(・∀・)ノ
アオリは身が固そうなので、なるべく薄~く削いでみました。
いつもの事ですが、味のほうはサッパリ分かりません。
タイトルの通り、ライジャケが人命救助以外で膨らむのは2回目です。
本来の使いかたがされていないのは、ラッキーと見るべきなんでしょうねぇ。。。
むむむ。

れれこ | 2011/07/26(火) 22:07 | mail | #vFTY8sZs[ 編集]
ヾ(▽⌒*)ゲラゲラ
ライジャケだけ落水…
ご無事で何よりデス。
釣りをしない友人の奥さんはライジャケを洗濯機で洗って、フタを開けたら膨らんでいて取り出せなくて大変だった事があるらしいデス(笑)
さっちん | 2011/07/26(火) 23:01 | mail | #P34Cfkso[ 編集]
残念でしたね・・・
ライジャケの自動膨張装置は特殊な水圧センサーかと思っていたのですが、たんに紙で栓してあって、ぬれると溶けてトリガーがかかるという”ハイテク”なので大雨とかでも膨らむ恐れがあるそうですね。
しなくてもよい勉強ということでもないのでは。
しかし、復帰そうそう期待を裏切らない文章ですね。
マルソータ | 2011/07/27(水) 01:04 | mail | #pdOwwYIQ[ 編集]
>さっちんさま
コメントありがとうございます(・∀・)ノ
「もしも」の備えに装着していたはずなのに
「備え」の部分だけが災難にあってしまうという。。。複雑です。

洗濯機に投入というのも中々の荒業ですね(笑)
確かにあれは取り出せないでしょう。
フタを開けた瞬間に立ち会いたかったです。

れれこ | 2011/07/27(水) 10:17 | mail | #vFTY8sZs[ 編集]
>マルソータさま
コメントありがとうございます(・∀・)ノ

紙で蓋・・・!
そんな先進的な技術が使われていたのですか。
私も圧力がかかると膨らむのかな?なんて思ってました。
着水してしばらく波にもまれても膨らまなかったので、不良品を疑ってしまいましたよ。
でもこれで実際海に落ちた時、パニックにならなくて済みそうです。
そういう意味ではよい勉強になったでしょうかね?
そうでも思わなくてはやっていられない(泣)

れれこ | 2011/07/27(水) 10:24 | mail | #vFTY8sZs[ 編集]
コメントを書いてみる
ホームページ:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rerekonokakurega.blog89.fc2.com/tb.php/301-4d98dff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。