れれこの隠れ家

不惑になっても惑いっぱなし!ダメダメ沖釣り師の釣り日記(外房・南房・内房・九十九里etc)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




** イシモチのシュウマイ **


やっと料理記事をアップできるところまで追いつきました~

初釣りのヒラメ釣行時に、マルッチPPさんからいただいたイシモチで
イシモチ100%のシュウマイを作っちゃいました(゚∀゚)
マルッチさん、いただきっぱなしでアップが遅くなってすみません(汗)

シュウマイは餃子よりも包むのが簡単なので、お子様と一緒に作っても楽しいですよ♪
 材料と詳しい作り方は コチラ からどうぞ(・∀・)ノ
▼ランキング参加中です(・∀・)ノ▼
クリックお願いします<(_ _)>
よろしければクリックお願いします


 -- 材 料 -- シュウマイ30個分
 イシモチ・・・ 400g(すり身)
 玉ねぎ・・・ 大1/2個
 干しシイタケ・・・ 3枚
 レンコン・・・ 100g(皮をむき後)
 ぎんなん(缶詰)・・・ 1缶
 シュウマイの皮・・・ 30枚
** 調味料 **
 片栗粉・・・ 大さじ2
 塩・・・ 小さじ1
 ごま油・・・ 大さじ4
 紹興酒
 (又は日本酒)
・・・ 大さじ1
** その他 **
 クッキングペーパー
 バターナイフ


 -- 作 り 方 --
※画像をクリックで、大きい画像が開きます

○下ごしらえ
・玉ねぎ、もどした干しシイタケ、レンコンはみじん切りにする(細かめに)
・イシモチは3枚におろして腹骨をすきとり、
 皮をひいてフードプロセッサーにかけるか、すり鉢を使ってすり身にする
 (ねばりが出るくらいにしっかりと)

ishimochi-syuumai-10.jpg  ishimochi-syuumai-10.jpg

○材料を混ぜて成型する
・刻んだ野菜とイシモチのすり身をボウルに入れ、調味料も全て加えて練る
・シュウマイの皮で包み、頭にギンナンを飾る

ishimochi-syuumai-10.jpg  ishimochi-syuumai-10.jpg

(参考) ** シュウマイの包み方 **
ishimochi-syuumai-10.jpg
ishimochi-syuumai-10.jpg
ishimochi-syuumai-10.jpg
親指と人差し指をにして
シュウマイの皮をかぶせる

バターナイフなどで餡をすくい
皮の真ん中にのせて
軽く押し込む
軽く握って
貝柱の形に成型する


○蒸し器で蒸す
・湯気の立った蒸し器やせいろにクッキングペーパーを敷き
 成型したシュウマイを間隔をあけて並べる
・ふたをして、強火で7分蒸したらできあがり

ishimochi-syuumai-10.jpg  ishimochi-syuumai-10.jpg

☆定番のからし醤油のほか、食べるラー油をのせても美味しいですよ
☆餡が余ったら、丸めて一緒に蒸しちゃいましょー
☆冷めても美味しいので、お弁当のおかずにも使えます
☆レシピの印刷はこちらから→ Cpicon イシモチのシュウマイ


この日のほかのおかずはこんなかんじ。。。

ヒラメの煮こごり

プルンプルンです

大和芋入り中華風スープ

鶏ガラスープの素、オイスターソース、
醤油・砂糖・塩・コショウを少々で味をつけたスープです
ごま油もひとたらししちゃいました
具は、レンコンと長ネギ、最後に大和芋のすりおろしを団子にして入れました
芋がお餅みたいになってフワフワ。これはあったまる~(´∀`)♪


上記以外の料理記事はこちらからどうぞ(・∀・)ノ


レシピを目的別で探したい方はこちら↓(外部サイトへ移動します)

→ ご飯もの・主食
→ メインのおかず
→ 副菜・サラダ
→ 汁もの

→ 生食・刺身系
→ 焼く・炒める・蒸す
→ 揚げる
→ 煮物・煮込み

→ お弁当に使えるもの
→ その他(下ごしらえ等)
関連記事
タグ : 釣魚料理
コメント
まぁ~綺麗(^_^)/
とても可愛く仕上げもらって 嬉しいっす!
シュウマイに白いご飯の組み合わせは大好きっすが さかなシュウマイは未体験かなぁ~!?
家のガキんちょども 以前は手伝ったんですが 最近カツの衣すらつけません(-.-#)
マルッチPP | 2012/01/12(木) 16:33 | mail | #-[ 編集]
>マルッチPPさま
コメントありがとうございます(・∀・)ノ
イシモチ、ごちそうさまでした♪
シュウマイは美味しかったですよ~
一度に沢山できますし、シュウマイ好きならオススメです。
うちの娘も食べる専門ですね(笑)
喜んでお手伝いしてくれるのって、小さい頃限定なのかな~?
れれこ | 2012/01/12(木) 16:56 | mail | #-[ 編集]
まさに点心
大きな銀杏が乗っていると壮観ですね。

>冷めても美味しいので、お弁当のおかずにも使えます
れれこさん得意のフレーズ、きっと翌日の自分用お弁当を意識して作っているんだろうな!
まるかつ | 2012/01/12(木) 18:09 | mail | #-[ 編集]
魚シゥマイやってみたい~♪
れれこさんのレシピみると簡単そうに見えるけど・・・果たしてオヤヂにできるか∑( ̄ロ ̄|||)
時間のある休日に挑戦してみます!

あ、魚釣ってこなきゃ((((;゚Д゚))))
AKB~ | 2012/01/12(木) 18:15 | mail | #-[ 編集]
こんばんは。

コレ、美味しそうですね~。
イシモチ釣りって大体は釣り過ぎて持て余してしまうことが多いんですが、すり身にしてこういう使い方もあったんですね。

きっちり血抜きしたイシモチなら臭みなど皆無ですから使い道は色々あるんですけど、どうしても手間を惜しんで(笑)

難点は、フードプロセッサを使うとネバネバを洗い落とすのが大変だし、あたり鉢を使うとものすごく重労働になるんですよね・・・
Colles | 2012/01/12(木) 22:47 | mail | #blTb7zek[ 編集]
美味しそぉ~!
本当にお料理上手ですねぇo(*'▽'*)/☆゜’パチパチ

私の試したいお魚料理の№1レシピにさせて頂きます!
見てたらお腹空いてきたぁε=┏(; ̄▽ ̄)┛
★ドロンジョ★ | 2012/01/12(木) 22:59 | mail | #u9PgjXd6[ 編集]
>まるかつさま
コメントありがとうございます(・∀・)ノ
缶詰のギンナンは黄味が強いのが特徴ですが
色みのアクセントに使うときには良いかもですね。
食感の面でも、魚のすり身とよく合いました。
お察しのとおり、お弁当に流用できるようなメニューを考えることが多いです(笑)
「お弁当にも」と記載したものは
実際にお弁当に入れて冷めた状態を一度食べてみています。
れれこ | 2012/01/13(金) 10:22 | mail | #-[ 編集]
>AKB~さま
コメントありがとうございます(・∀・)ノ
シュウマイって、意外と簡単にできちゃいますよ。
金目カマボコを作れた方なら楽勝です(笑)
出来上がったものは冷凍保存ができますので
お嬢さんに持たせてあげてもよろしいのでは?(笑)
れれこ | 2012/01/13(金) 10:29 | mail | #-[ 編集]
>Collesさま
コメントありがとうございます(・∀・)ノ
Collesさんは、イシモチもよく釣ってらっしゃいますもんね。
シュウマイなら、食に保守的(?)なご家族でも受け入れていただけるのでは。
私としては、すり鉢のあの細っそい溝を洗うことを考えたら
フープロの手入れのほうが楽に思えます~
すり身をきれいに取り出すには、製菓用のゴムべらを使うと楽ですよ。
カレーやシチューの鍋を洗う前にもゴムべらで一度ぬぐっておくと
鍋洗いのストレスが軽減されます(笑)
れれこ | 2012/01/13(金) 10:35 | mail | #-[ 編集]
>★ドロンジョ★さま
コメントありがとうございます(・∀・)ノ
★ドロンジョ★さんも、おせちを頑張ってらっしゃいましたよね。
どれも美味しそうだし、えらいなぁって、感心して拝見してました。
魚をむきエビに替えるとエビしゅうまいになりますので
そちらで試作してみるのも良いかもです(゚∀゚)
れれこ | 2012/01/13(金) 10:39 | mail | #-[ 編集]
れれこさん、
こりゃうまそうだ。
シュウマイとか春巻きって大好きなんだけど作ったことないんだよねぇ。
ギョウザは作るけど(意外と得意)
りんりんパパ | 2012/01/13(金) 12:11 | mail | #-[ 編集]
>りんりんパパさま
コメントありがとうございます(・∀・)ノ
シュウマイは失敗しにくいし、意外と簡単なんですよ。
餃子や春巻きは、食べるのは大好きですが、作るのが苦手です。
ついつい欲張って具を入れすぎてしまって、パンクすること多し。
個数を沢山作ればいいじゃん・・・って、いつも自分にあきれてます(笑)
れれこ | 2012/01/13(金) 13:01 | mail | #-[ 編集]
コメントを書いてみる
ホームページ:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rerekonokakurega.blog89.fc2.com/tb.php/424-28c07145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。