れれこの隠れ家

不惑になっても惑いっぱなし!ダメダメ沖釣り師の釣り日記(外房・南房・内房・九十九里etc)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月23日若潮・晴れ
--富浦 (ボート カワハギ狙い)--


釣果
  シロギス・・・10尾(5~23センチ)
  アジ  ・・・1尾 (豆 バレた)
  石鯛  ・・・1尾 (超小さいの リリース)
  チャリコ・・・1尾 (超小さいの リリース)
  ヒトデ ・・・1枚(?)(当然リリース)



  本命は釣れませんでした チッ(・д・)
  次こそは頑張ろう!
-----------------------------------------------------------------

相方にカワハギ竿と両軸リールを買ってもらったので、早速釣りに行くことにしました。
今回はボート釣りです。
   
乗り物に弱いので船酔いが心配だったけど、酔い止め薬となるべく下を見ない作戦でなんとか乗り切りました。

夜明けとともに出航。
船長さん(?)がポンポン船で引っ張っていってくれる間、ワクワクしながら船に揺られておりました。
(これは楽しかった)



カワハギ&アジのポイントに着いて、さっそく仕掛け投入!
この辺はしっかりとイメトレしてたのでバッチリ☆・・・のはずが~



手元で鳥の巣。。。バックラッシュってやつですか?コレ



ブツクサ小言を言いながらも直してくれる相方に謝りながら
水中の仕掛けを引上げるべく手で手繰り寄せてくると・・・



「熱帯魚つれたー」「・・・それ、石鯛」



12~13センチくらいの小さな石鯛がアサリに食いついてました。
おなか減ってたんだね。
「大きくなって戻ってこいよー」で、リリース。
大きくなったら釣れないんでしょうけど。私のウデじゃ。



その後も10センチくらいの真鯛(チャリコっていうの?)を釣ったり
豆アジを取り込みそこねたり、合い間に鳥の巣を作ったりしてましたが、カワハギは釣れず。
餌のワタの部分だけがきれいに食べられていたので、きっといたんだと思います。
つか、思いたい。(フグかも知れないけど)



その内うねりが入ってきたのか、波が高くなってきて隣のボートが沈んだり浮かんだり・・・
ヤバイ気がする(船酔いが)と思ったところで、船長さん登場。
シロギスが釣れているので、連れて行ってくださると。ありがたや。
相方は名残惜しそうでしたが、さっさと移動。



シロギス釣りは面白かったです。
アタリは『トトトトン』て分かりやすいし、針にかかった瞬間も何となく(←素人ですから)分かる。
ボートだから遠投しなくていいし、波の高いところへ行かなくてもいいし、
砂地だから根がかりしないし、ヒトデも釣れるし、イソメは相方がつけてくれるし(オイ)
時間が少なかったので数は釣れませんでしたが、3人家族の天ぷらには十分なだけは確保できました。
(刺身にしないのかよ)



最初から、あまり長い時間はできないかもよ?と言われていたのですが
そう荒れることもなく、ポカポカ陽気の中でのんびりと遊べました。
このボート屋さんの年内の営業はこれで最終だそうで、次回は3月以降になるそうです。
春になったらまた行きたいなぁ。



あ、キスの骨せんべいはウマかったです。
関連記事
タグ : ボート 釣果
テーマ : 沖釣り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。