れれこの隠れ家

不惑になっても惑いっぱなし!ダメダメ沖釣り師の釣り日記(外房・南房・内房・九十九里etc)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お刺身

20090108

これといって特別な料理でもないですが・・

釣った翌日と2日後に作りました
食感と食味は、1日目はコリコリと2日目はやや柔らかくねっとりとして、甘みが増していたそうです
(相方談)
うちは肝あえよりも、薄造りにした身で肝をちょっとづつくるんで食べるほうが好きみたいです

カワハギは手で皮をベリベリとはげるという処理のお手軽さが魅力の魚ですが
お刺身にするときはあえて皮をはがず、5枚(または3枚)におろしてから
薄皮と一緒に引くと、楽ですし仕上がりがきれいです。


ムニエル

20081224(2)


これもまた定番料理ですね
塩コショウして小麦粉をつけて焼くだけ
本来は多めのバターで焼くのでしょうが、わが家は「エコナ」等のサラダ油で焼いたのち
余計な油をふきとって、少量のバターで風味付けをします。
(コレステロールが怖い)
肝も焼きますが、身を焼いたあとのフライパンの油をふき取って、表面だけを強めの火で
カリッと焼くだけにしました。
でないと溶けちゃうので。。


火を通すと味が濃くなって美味しいようです。
洋風料理にも合うと相方絶賛(笑)
関連記事
タグ : 釣魚料理 カワハギ
テーマ : 釣った魚を「さばく」「料理する」「食べる」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。